PICK UP!

【横浜商業 野球部】「あいさつ」プラス「ひと声」

横浜商は、「こんにちは!」のあとに、もうひと声を続ける「『あいさつ』プラス『ひと声』運動」を推奨している。「いつもありがとうございます」や「がんばります」など、相手によって言葉を考えていく。小嶋監督は「あいさつのあとに、気の利いた言葉が続けば、相手により気持ちが伝わる」と話す。“あいさつ名人”の西方健人(2年)は「Y校を応援してもらえるように、その方に応じた言葉を考えています」と理解する。Y校が日頃からの“気配り”を武器に、復活を目指す。 2018年7月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【東亜学園 野球部】強化合宿で「一体感」と「自立心」を養う

  2. 【茂木 野球部】地域のお米でパワーアップ

  3. 【健大高崎 野球部】チームは「和」がすべて。難局に向かうチームがやるべきは「練習のみ」

  4. 【東海大静岡翔洋 野球部】濃密なウオーミングアップ

  5. 【府中西 野球部】ボール回しを徹底練習。10周1分を切れ!

  6. 【関東一 野球部】スイングスピード、遠投…冬の能力測定

  7. 【日大三 野球部】甲子園席巻の予感

  8. 【富士森 野球部】オリジナルのスローガンTシャツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP