PICK UP!

【横浜商業 野球部】「あいさつ」プラス「ひと声」

横浜商は、「こんにちは!」のあとに、もうひと声を続ける「『あいさつ』プラス『ひと声』運動」を推奨している。「いつもありがとうございます」や「がんばります」など、相手によって言葉を考えていく。小嶋監督は「あいさつのあとに、気の利いた言葉が続けば、相手により気持ちが伝わる」と話す。“あいさつ名人”の西方健人(2年)は「Y校を応援してもらえるように、その方に応じた言葉を考えています」と理解する。Y校が日頃からの“気配り”を武器に、復活を目指す。 2018年7月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【國學院栃木 野球部】1年生35人加入、黄金世代到来へ

  2. 【藤沢翔陵 野球部】練習見守る「ファン」たち

  3. 【東大和 野球部】コンマ1秒単位の盗塁練習

  4. 【東海大高輪台 野球部】継承

  5. 【文星芸大附 野球部】地獄の打撃練習

  6. 【館林 野球部】伝統の「松林」トレーニング

  7. 【宇都宮白楊 野球部】2冊のノートで自己成長

  8. 【藤沢清流 野球部】箱型ネットでのミドルティー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP