PICK UP!

【湘南学院 野球部】徹底したシンプルな素振り

「あまりにも打てなかった」チームに、本萱監督が取り入れたのが、シンプルな素振り。技術練習を終えた後、クールダウンの時間に例年はランニングや筋トレをすることが多かったが、今冬はその時間を素振りにあてた。徹底的に振り込んだ。「とにかくヘッドスピードを上げることを第一に置いた」(本萱監督)という練習で「秋までは単打でつないで、という打線だったが、春の大会では外野の頭を超えるような打球が増えた」(榎本主将)。夏は、打ち勝つつもりだ。 2018年7月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【舞岡 野球部】バリエーションを付けた練習メニュー

  2. 【清水桜が丘 野球部】夏に甲子園で勝つために切り替えていく

  3. 【文星芸大附 野球部】地獄の打撃練習

  4. 【沼田 野球部】同窓会の寄附で完成した室内練習場

  5. 【拝島 野球部】今季のスローガンは「重・重・重」

  6. 【立川 野球部】伝統の昼練習

  7. 【健大高崎 野球部】チームは「和」がすべて。難局に向かうチームがやるべきは「練習のみ」

  8. 【加藤学園 野球部】「やりがい」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP