【千歳丘 野球部】チーム復活の原動力 一木龍範主将(2年=投手)

千歳丘を支える主将兼エース。 3歳上の兄・敏範が千歳丘でプレーしていた影響で、同じ高校の門を叩いた。入学後は1年生から主力としてプレーし、経験を積んだ。 新チームの秋予選決勝はウェルネスに2対6で敗れたが、春夏へ向けての手応えはつかんだ。「いまは低迷してしまっているが、もう一度強いチームにしたい」。大黒柱は、自らの成長をチームの躍進につなげていく覚悟だ。 2018年11月号掲載

Pocket

おすすめの記事