PICK UP!

【小山台 野球部】野球日誌

小山台の選手たちは、「野球日誌」をつけている。練習や学校生活など、その日に感じたことを1日1ページで記していく。日誌は、福嶋監督らがチェック。優れた内容は全員にプリント配布している。安居院勇源(3年=投手)は「日誌は、練習の一部。日誌をつけることによって考えが整理できる」と、ノートに向かう。福嶋監督は「小山台は、野球日誌によって強くなっている。『ペンの野球』だ」と話す。野球日誌が、選手を成長させていく。 2019年7月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【矢板中央 野球部】1日4万スイングで打撃強化

  2. 【逗子開成 野球部】多種多様な打撃練習

  3. 【舞岡 野球部】バリエーションを付けた練習メニュー

  4. 【高崎東 野球部】『言葉』『考え』『時間』を共有

  5. 【館林 野球部】伝統の「松林」トレーニング

  6. 【帝京八王子 野球部】野球の「要塞」

  7. 【新栄 野球部】新栄高校「入念なミーティング」

  8. 【藤沢清流 野球部】箱型ネットでのミドルティー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP