藤枝明誠・髙田琢登(静岡商)最速148キロの快速球を武器に東海大会へ/「初優勝」コラム

東海大会への最後の切符を手にしたのは3位決定戦を制した静岡商だった。

エースの髙田琢登(2年)は最速148キロを誇る本格派左腕。

準決勝では一発に泣いて逆転負けを喫するも、3位決定戦は粘りの投球を展開した。

序盤こそストレートが走らず2回までに2点を許すも、味方打線が援護すると、「流れが来たと思った」とギアを上げた。

3回以降は要所を締めて3失点完投勝利。

東海大会でも持ち味の快速球を武器に、相手打線を封じる。

Pocket

おすすめの記事