しなやかなフォームから伸びのあるストレートを繰り出し、カーブ、チェンジアップ、スライダーを操るエース左腕。

小学1年の時から野球を始め、中学では軟式の神奈川県大会で優勝。

練習の雰囲気に惹かれ、星槎の門を叩いた。

1年時から横浜を相手に先発登板するなど実績を積んだが、2年の夏、秋は結果が出なかった。

この冬はテークバックを小さくするフォームに変更し、進化中のピッチングに手応えをつかんでいる。

自身の他にチームには、右の本格派、技巧派、アンダースローと多彩な面子が揃う。

「みんなハングリーな気持ちを持っている。

自分も負けないように頑張りたい」と語るエースは、「監督や家族への恩返しのため、最後の年に甲子園に行きたい」と燃えている。

Pocket

おすすめの記事