「2020年夏 大会レポート 佼成学園」史上最高 #佼成学園

平澤・森のダブルエース躍動

チームワークは東京No.1

佼成学園の快進撃は、西東京大会の決勝で止まった。

東海大菅生に惜敗したものの平澤燎、森士恩のダブルエースを擁したチームは、佼成史上最強チームの一つだった。

2020年9月号掲載

■全員野球で、西東京決勝へ

選手たちは、コロナ休校中でも大きく成長を遂げていた。

全体練習はできなかったが、それぞれが自主トレで心身を強化。

甲子園大会は中止になったが、その成果を代替となった西東京大会で存分に発揮した。

進撃の原動力となったのは、平澤燎、森士恩のダブルエースと、強力打線だ。

準々決勝・日大三戦では、平澤、森の継投で終盤まで持ち込むと、最終回に主砲・堀川拓真のサヨナラ二塁打で3対2の逆転勝利、準決勝・国士舘戦では3対3で迎えた9回に佐藤凛が左中間にソロアーチを放り込み、決勝戦へ駒を進めた。

佐藤は「打った瞬間、入ったと思った。全員野球で、西東京で優勝したい」と大舞台へ向かった。

■9回2死2ストライクから

決勝の相手は、東海大菅生。

先発の平澤が、菅生打線に一歩も引かない強気な投球をみせていく。

平澤は8回を2失点でまとめて、勝負は9回へ。

9回表、佼成学園は2死3塁から小柴滉樹の三遊間の内野安打で1点を勝ち越し、9回裏へ。

平澤が続投する中、2死3塁の場面で2ストライク、あと一球のシーンで同点打を浴びてしまった。

そして延長10回、2番手・森が決勝打を許して、無情にも逆転負けを喫した。

9回に同点にされた平澤は「自信を持って投げたカットボールを打たれたので悔いはない。森というライバルがいたから成長できた」とゲームを振り返った。

■全力投球に悔いなし

決勝で惜しくも敗れた佼成学園だが、難解なブロックを勝ち上がってきた。

1回戦では昨夏優勝校・国学院久我山を延長タイブレークで下し、準々決勝では夏5連敗中の日大三に逆転サヨナラ勝利、準決勝では昨秋優勝の国士舘を退けた。

選手たちは、コロナ禍の逆境の中で、強敵を下して、トーナメントを駆け上がった。

藤田直毅監督は「甲子園は中止になったが、この大会は甲子園と同じ価値があった。その中で、選手たちは、強豪を倒して壁を突き破ってくれた。

『選手は東京No1だ』と伝えてあげたい」と選手を称えた。

史上最強のチームだった。

Pocket

おすすめの記事