相模原・佐相眞澄監督「いいサイクルが出来上がっている」/「再び、打ち勝つ」監督コメント

相模原・佐相眞澄監督

「いいサイクルが出来上がっている」

「引退した3年生たちには感謝の気持ちしかない。

『ありがとう』と言いましたし、『明日からは受験の全国大会を頑張れ』と言いました。

彼らが野球から勉強に切り替えた時の集中力はすごい。

受験に大事なのは時間の管理と短期目標の設定だと思いますが、それは普段の練習から常にやってきたこと。

小学校から中学校と勉強の中で集中力を養ってきた子たちが、その集中力を高校野球に生かして、さらに野球を続けた中で高めたものが、今度は受験に生かされる。

いいサイクルが出来上がっている。

野球でも受験でも、先輩たちがこれまで作って来てくれたものは大きい。

それを今の2年生、1年生たちも継承してもらいたい」

 

【監督プロフィール】

1958年生まれ。神奈川県出身。

法政二高-日体大。

大学4年時に明治神宮大会優勝。

相模原市内の中学校で野球部監督を務め、いずれも全国大会に導く。

2005年に県立川崎北高に着任し、07年秋に4強入り。2012年から県立相模原で指導。

再任用が決まり、最短でも65歳までは監督を続ける見込み。

「打撃の伝道師」として著書、DVDも発売している。

Pocket

おすすめの記事